どうしても避けられない騒音と向き合う為の情報サイト

お金をかけない防音対策

実は既に行われている音対策

業者に依頼する防音リフォームというのは壁の中に吸音材や遮音シートを埋め込んだりフローリング自体を変えてしまったりと短い期間で終わるようなものではありません。
時間をかければ得られる効果も比例して大きくなりますがリフォームに時間をかけられないという方も中にはいるはずです。
そんな方でもある程度の効果を得られる簡易的な防音対策を取ることが出来ます。

防音用のものを配置する以外にもスリッパを履くことで足音を抑えたり、家具を配置することで本来壁に当たるはずの音が配置した家具によって外部へ響くのに干渉したりと意識せずとも音対策は意外と取られているものです。
これらを踏まえた上で音を響かせないよう家具の配置を変えたり壁に物を貼ったりするだけでもより防音効果が期待出来ます。

一石二鳥の効果

窓に注目して言えば遮光フィルムも実は防音効果があります。
本来は太陽光を遮る為のものですがこれを貼ることで窓の振動軽減にも繋がります。
見てくれを気にしないのであれば遮光フィルムではなく遮音フィルムの方が効果は大きいのでこちらをお勧めします。

他にも手軽に用意出来るものであれば気泡緩衝材、プチプチを貼るだけで遮光フィルムよりも遮音効果を得ることが出来ます。
見た目はとんでもないことになってしまうので流石にこれはその場しのぎなど最後の手段として考えておきたいです。

フローリングにマットやカーペットを敷くことは足音の軽減効果がある他、育ち盛りの子供が転倒してしまった際にクッション代わりになってくれることもあるのでこちらも一石二鳥。
但し、一部だけでなく全体に敷き詰める必要があるので素材の個数と値段は若干張ってしまいます。


この記事をシェアする