どうしても避けられない騒音と向き合う為の情報サイト

リフォーム事例の把握

開口部からの音漏れ

大まかに分けて音は壁、床、窓を伝わって外部へと漏れていきます。

壁に関してはそもそも家が木造か鉄筋かどうかで変わってきてしまいます。
木造の安いアパートなどで隣人の家庭音が聞こえやすいように当然鉄筋より木造の方が音は外へ漏れやすいです。

換気扇などの開口部からの音漏れというのはどうしても仕方ないと思われがちですが実はこの点に関しても防音対策が可能。
換気扇部に防音用のフードを被せることでこれが実現します。
閉め切っていても音が漏れるのですから開口部から漏れるのは当然と言えますよね。
換気扇などの開口部に関しては対策必須とも言えるでしょう。
恐らくこの開口部の防音リフォームが一番効果を実感出来るのではないでしょうか。

防音効果を得られる箇所は様々

外から入ってくる騒音は空気を媒体として入ってくる、また逆も然りの為、窓のリフォームも重要と言えます。
窓ガラス自体を防音性の高いものに変えたり内窓をつけて二重にしてしまうだけでも効果は表れます。

そこに加えて遮音カーテンをつけることで更なる防音効果が期待されます。
これだけすれば外からの騒音だけでなく家からの窓を通しての騒音はかなり軽減されるでしょう。

床の防音リフォームは主にマンション等の複数階からなる集合住宅で効果を発揮します。
床自体を遮音フローリングにしてしまったり遮音カーペットを敷くことで子供の走り回る音や通常時の歩行音などが下階に響きにくくなります。

残るは壁のリフォームとなりますが壁の中に遮音シート、吸音材を入れることで防音効果を得ることが出来ます。


この記事をシェアする