子供の自立心、養うためにはどうすればいいの?

子供の自立心を養う上で最適の教育とは何か

子供の自立心を養うには、親子の距離感が大切

子供は大人が思っているよりも、ずっと考え方がしっかりしていますし、かなり「大人」です。つまり、監視は必要になりますが、ある程度は、「子供に責任を持たせて行動をさせてあげること」が大事だと思います。

例えば、幼稚園や保育園に通っているお子さんがいる場合、上靴、あるいは運動帽など、子供でも洗えるくらいの大きさでお子さん自身のものを一つ選び、週末持って帰るたびに子供に洗って貰いましょう。

すると子供は、まず「自分のもの」という(自覚)を持ち、まず「ものを大切にする習慣」を持ちます。この「ものを大切にする習慣」を養うことが、子供の自立心を養うには、もっとも有効な方法です。

ただ、その時絶対にママに忘れずにしてほしいことがあります。それは、「子供を褒めてあげること」と「感謝の気持ちを忘れず伝えること」です。親子だからと言って、「お手伝いしてくれて当たり前」という考え方は、よくありません。

それでは「人に対する感謝の気持ち」を育てることができません。それと、子供にとって一番嬉しいのは、「大好きなママに褒めてもらうこと」です。大好きなママに褒めてもらうことで、さらに子供は「自分でできることは、自分で頑張ろう」とやる気を出してくれます。

何をするにしろ、やる気はとても大切です。子供の自立心を養いたいと考えているならば、まずは「どうすればやる気を出してくれるのか」を考えてから、いろいろとお願いするのも、おすすめの方法の一つです。

このように、子供の自立心を養う方法はいくつもあります。ここではさまざまな子供の自立心を養うための方法をご紹介します。

おすすめリンク

類塾に通う仲間と問題を解く!

類塾では仲間と共に問題を解き、答えは一つではない事に気づけます。人との接し方も変わってくると評判!

子どもの自立心を養成するためには?

親にとって子供は、「いくつになっても子供」です。とは言うものの、子供はいつか、親元から巣立ちます。 ただ、ちゃんと独立させるためには、その前段階として、まずはきちんと、自立させなければいけません。ここでは、子供の独立を養う最適の教育をご紹介します。

「お手伝いさせる」と「褒める」は切っても切れない関係

乳幼児の頃、例えば「くっく、履けたね。すごいね!」のように、何かにつけて子供を褒めて育てませんでしたか?それは子供の自立心を養ううえで、非常に大事です。 ここでは、「子供に何でもさせることの大切さ」と「子供に何かをさせたとき、必ず褒めることをセットにする重要性」についてお伝えします。

手伝いは子供本人の為であることと自立心のまとめ

「お手伝いすること」の本当の意味とは、大人であれば誰もが分かることですが、子供にはなかなか理解して貰えません。 しかし、そのお手伝いの本当の意味を理解させることは、自立心を養ううえでは非常に大事です。ここでは、「お手伝いと自立心の大切さ」をお伝えします。